怒りの感情と、伝えたいことを分けて相手に伝える

伝えたいことを相手が受け取りやすくするには?

散らかっている部屋を見て怒るお母さんのイラスト
①怒りをぶつけたとき、相手は言うことを聞いてくれないことがある。

怒りをぶつけられることを拒否する子どものイラスト
②相手は「攻撃された」と感じ、伝えたいことを素直に受け入れにくくなってしまう。

これでは伝えたいメッセージは伝わらない。

怒りと伝えたいことを半分に割るイラスト
③まずは「怒り」と「伝えたいことメッセージ」に分ける。

メッセージを受け取る子どものイラスト
④怒りの部分を捨てることで、相手がメッセージを受け取りやすくしてみる。

しんごメモ

矢印は目に見ることが出来ない。
伝えたいことを伝えやすくするため「怒りと伝えたいことを分ける」
相手が素直に受け入れやすい伝え方をする。
アサーション、アサーティブコミュニケーション。
ストレスコミュニケーション。
ストレスコミュニケーションとは?怒り、無視、睨みつける、不機嫌、イライラ、コソコソ話、仲間はずれ、嘲笑う、失笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました