怒りの感情をぶつけられると、相手の心の扉は閉じてしまう

目の前の相手は心の扉を閉ざしていませんか?

相手を怒鳴りつける人のイラスト
①相手に怒りをぶつけるようなコミュニケーションをとってしまったとき。

心の扉に手をかけるイメージのイラスト
②相手は自分が攻撃されたと感じ。

心の窓を閉じるイメージのイラスト
③心の扉を閉じてしまうかもしれない。

伝えたいことが伝わらない状態のイラスト
④心の扉を閉じてしまった相手には、本当に伝えたかったことを伝えられなくなってしまう。

補足メモ

心の扉が「開いたり閉じたり」する状態。
扉を描いたつもりでしたが、窓っぽくなってしまいました。
初めから心の扉をが閉じたままの時もある。
気持ちが落ち込んでいるとは、すぐに扉を閉じてしまう。
自分の心の扉も開ける。
自分の心の扉を閉じないように意識する。
自分の意見を聞いてくれない人に心の扉は開かない。
どうせ私のことなんて分かってくれない。
言っていることが正しかったとしても相手の心には届かない、伝わらないことがある。
相手の心の扉が開いているか閉じているかをイメージする。
相手に何かを伝えたいとき、相手の行動を変えたいとき、相手の心の扉が閉じた状態では伝わらない。
正しいことを言っても相手の心に届かなくては意味がない。
相手の心の扉が閉じないようなコミュニケーションをしながら、自分が伝えたいたいことを伝える。
アサーション。
心の扉の他の呼び名?心の窓、心のドア。自分の殻に籠る。
扉に鍵をかける。
戦ったり、逃げ出したりする人もいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました