「怒ることで人を動かす成功体験」をイラストでイメージ化

すべて

「怒ることで人を動かした成功体験」をイラストでイメージ化
人に怒りをぶつけるのは、過去に怒ることで人を動かした成功体験によるもの。

怒りの感情で人を動かす成功体験


①相手に怒りをぶつける。

②「怒りにより相手が動く」という成功体験を得る。
②「怒りにより相手が動く」という成功体験を得る。

③人を動かしたいときに過去の成功体験を思い出す。
③人を動かしたいときに過去の成功体験を思い出す。

④怒りで相手を動かそうとする。
④怒りで相手を動かそうとする。

成功した手段を繰り返し使う。
繰り返して使うことでさらに記憶が強化される。記憶の強化。

しんごパパ
しんごパパ

相手との間に力の関係があると、反発する訳にもいかないのでモヤモヤするよね。

怒る相手への対処法・選択肢

・相手の怒りを淡々とかわす。
・相手の怒りをスルーする。
・相手の怒りを無視する。
・相手から逃げる。
相手から距離を取る。
・相手と物理的な距離を取る。
・相手と心理的距離を取る。
・相手と時間的距離を取る。
・相手に従わない。反発する。反抗する。戦う。反論する。簡単には動かない。
・相手に従ったフリをする。
・自分が解決出来る課題なら解決してみる。選択と集中。
・自分が解決出来ない課題であれば諦める。課題の分離。
他の対象に意識を集中する。
・目の前の対象に集中する。
・他のことを考える。
・ユーモアで回避する。
・紙に今の気持ちを書き出す。落ち着く。エクスプレッシブ・ライティング。
・この出来事を俯瞰して見てみる。メタ認知。
・今の感情を書き出してみる。客観視する。
・相手のことを観察してみる。
・記録をつける。
・研究してみる。
・相手の怒りのパターンを集めてみる。コレクション。
・相手の怒りを10段階でいったらいくつだか採点してみる。数値化。
・捉え方を変えてユーモアを交えて考えてみる。
・怒りについて学ぶ。
・人に話してみる。
・人に相談してみる。
・相手と協力して問題を解決する手段を探す。
・口調がキツいだけで相手は怒っていないかも知れない。自分の思い過ごし。

しんごパパ
しんごパパ

自分が「相手を怒りでコントロールしようとしている」ことに気づけたら、怒る以外の選択肢を学び実行してみる。

しんごメモリンク

しんごメモ

・相手と揉めるのが嫌で動いてしまう。
・相手に嫌われることを恐れて動いてしまう。
・相手との力関係で動からざるおえないときがある。
・相手に嫌われることを恐れない勇気を持つ。
・こちらも怒りをぶつけて反発するという選択肢もあるが、戦って勝っても良いことはないのでスルーしてかわす。
不機嫌な態度で相手を動かす。
・「不機嫌な態度をとる人と私は聞かない」と相手に伝える。
・ストレスコミュニケーション。
・自動思考。
・怒り(暴力)によって他人を支配しようとしている。
・怒り以外の感情を使って相手をコントロールしようとすることもある。
・怒りをぶつけられても相手は納得して動くのではなく、その場からいなくなりたいので動く。
・怒ることで相手との信頼関係を失う。
・自分も過去に怒られて行動した体験からこのことを学んだ。悪いロールモデル。

Facebookへの投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました