相手を変えるのではなく自分が変わってみる

問題が起きたとき、相手を変えることばかり考えていないか?

①自分と相手との間に問題が起きる。
①自分と相手と間に問題が起きる。

②選択肢1「自分も相手も変わらない。」
②自分も相手も変わらない。

③選択肢2「自分は変わらずに相手を変える。」
③自分は変わらずに相手を変える。

④選択肢3「自分は変わるが相手は変わらない。」
④自分は変わるが相手は変えない。

⑤選択肢4「自分も変わるし相手も変わる。」
⑤自分も変わるし相手も変わる。

相手を変えるだけではなく「自分が変わる」や「共に変わる」という選択肢もある。

例え話エピソード1

気持ちに余裕が無いときに相手の行動に腹が立ち、怒りをぶつけてやめさせようとした(相手を変えた)。

休息を取る。休むことで心に余裕が出来た。小さなことでは腹が立たないようになった(自分を変えた)。

例え話エピソード2

相手の失敗に腹が立ち、感情的に怒ってしまった(相手を変えた)。

相手の失敗に腹が立ったので、すぐにその場から去った(自分を変えた)。気持ちが落ち着いてから失敗のことを相手に伝えた(相手を変えた)。

相手を変える方法

相手に伝えて行動を変えてもらう。
相手に怒りをぶつけて無理やり行動を変える。

自分を変える方法

そのことについて学ぶ。
そのことについて知識を増やす。
そのことについて深く考える。
自分の対応を変える。
自分の考え方を変える。
自分の価値観を変える。

他の選択肢を探す

自分か相手のどちらか一方が変わる以外の、第3の選択肢を考えてみる。
どちらか一方が変わるのではなく、話し合って落とし所を見つける。共に変わる。
自分が60%変わる。相手が40%変わる。グラデーション。
環境を変える。
状況を変える。
お金を払ってプロに問題を解決してもらう。

しんごメモ

②の「自分も相手も変わらない」という選択肢は問題が解決しないので、また同じ問題を繰り返す。
相手との間に力関係があると、③や④のように弱い方が変わる(動く)ことが多い。上下関係。
対等な関係でも④を自らが選んで自分が変わることも出来る。

相手を変えようとしても変わらないときは、自分の方が変わってみる。
どちらか一方の負担になっていないか?
どちらか一方が変わることで不満は残らないか?

相手を変えることが目的ではなく問題が解決することが目的。
問題が起きたとき、100%自分が悪いということもないし、100%相手が悪いということもない。白黒思考。
自責思考と他責思考。

コメント

タイトルとURLをコピーしました