過食スイッチ

甘いものを食べると過食スイッチがONになって食欲が止まらなくなる

①目の前に甘いものがあっても、食べる前ならまだ我慢出来るレベル。
①目の前に甘いものがあっても、食べる前ならまだ我慢出来るレベル。

②一口のつもりで甘いものを食べる。
②一口のつもりで甘いものを食べる。

③食欲レベルが上がる。
③食欲レベルが我慢出来ないレベルにまで上がる。

④食欲を抑えきれずに甘いものを食べ続けてしまう。
④食欲が抑えきれずに甘いものを食べ続けてしまう。

甘いものが止まらない過食スイッチの仕組み

砂糖を摂取するとしんごの頭の中でドーパミンやセロトニンなどの脳内神経伝達物質が分泌される。
脳はさらに砂糖を摂取したら、もっと幸福感を得られると期待する。
脳は「もっと砂糖を摂取しろ」としんごに指令を出す。
脳の指令にしんごは逆らえないので砂糖を摂取してしまう。

甘いものを食べたくなった時の対処法

予め甘いものを食べたくなったときのしんごルールを作っておく。
目の前のドーナツを一口食べると、しんごの意思では抑えきれないレベルに食欲が加速することを思い出す。
今ならまだ我慢出来るレベルだと思い目の前のドーナツは食べないようにする。
甘いものを食べたくなったらとりあえず水を飲む。
炭酸水を飲んでお腹を膨らませる。
その場でジャンプして運動をする。気を逸らす。
その場から離れる。逃げる。
甘いものには近寄らないようにする。
甘いものを人から貰った時はありがとうと感謝を伝える。後で食べると言ってカバンにしまう。家に持ってから家族にあげる。家族が喜ぶ。
ナッツなどのタンパク質を食べて満腹感を得る。
甘いものから距離をおく。
甘いものは買わないようにする。
コンビニは甘いものがいっぱい売っているので行かないようにする。

しんごメモ

甘いものを食べるとしんごの脳はバグって食欲が暴走する。
一口甘いものを食べるとやめられない止まらない状態になる。
食欲レベルを数値に表すと、甘いものを食べる前がレベル3。一口食べた後はレベル10。食欲レベルがMAXの限界まで上がると、しんごの意思では食欲を止めることが出来ない。
ドーパミンが食欲を刺激する。
甘いものは食欲が加速する食欲ブースター。
甘いものがやめられない糖質中毒、糖質依存症。
糖質依存は麻薬より強いとも言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました