難易度の設定 ちょうど良いハードルの高さ

挑戦したくなるハードルの難易度とは?

①ハードルが低すぎると簡単すぎてつまらない。
①ハードルが低すぎると簡単すぎてつまらない。

②ハードルが高すぎると難しすぎて跳ぶ気にならない。
②ハードルが高すぎると難しすぎてつまらない。

③ちょっとがんばればクリア出来るぐらいが丁度いいハードルの高さ。
③ちょっとがんばればクリア出来るぐらいが丁度いい高さ。

④繰り返し挑戦したくなる難易度。
④繰り返しハードルを跳びたくなる難易度。

ゲームの難易度

ゲームの難易度が低くいと簡単にクリア出来てしまうのでつまらない。
ゲームの難易度が高いと全然クリア出来ないのでつまらない。無理ゲー。
少し頑張ってクリア出来るぐらいが遊んでいて楽しいゲーム。
クリアした達成感も得られ、また遊びたくなるゲームの難易度。

しんごメモ

難しいけれど ちょっと頑張れば達成出来るぐらいの目標を立てる。
自分の実力より少し上のことにチャレンジすることで成長する。
コンフォートゾーンの外に出る。
ちょいむずを目指す→ちょっと難しいことを目指すの略。
学校の一斉授業も同じ。学力の高い子は授業が簡単だとつまらない。学力の低い子は授業が難しいと分からない。クラスの全員が同じ学力ではないとき、どちらかに合わせると授業がつまらない子が出てくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました