やる気が出ないときすぐに行動出来る「5秒ルール」

5秒ルール
やる気が出ないときにすぐに行動出来る「5秒ルール」とは?

行動したいのに行動出来ないときに、5秒からカウントダウンを始め「0」になったら動き出すというルールを自分に設定します。

メル・ロビンスさんが提唱されている考え方です。
人は何か行動を起こすとき、5秒以上考えるとやらなくてもいい理由を探し出します。
その前に動き出す。
ロケットが発射するときのカウントダウンのイメージ。

5秒ルールの使い方

やる気が出ず行動が出来ない。
数を「5」体数える。
「5、4、3、2、1・・・」とカウントダウンをする。
「0!」になったら動き出す。

こんなときに5秒ルールを活用する

今すぐ動いた方がいいのに動けないとき。
行動したいけれど行動出来ないとき。
面倒くさいことをするとき。
やろうやらないか迷ったとき。
やらなければならないことをするとき。
横になってダラダラしているとき。
今やっていることを止めたいとき。
SNSを見てしまうとき。
眠くてぼーっとするとき。
朝布団から出られないとき。
勇気が出せないとき。

こんなときにこのことを思い出しカウントダウンを始めてしまう。

カウントダウンの後にすること

とりあえず起きる。
立ち上がって歩く。
筋トレする。
運動をする。
SNSを閉じる。
procreateを開きイラストを描き始める。
メモ帳を開き文章を書か始める。

しんごメモ

カウントアップはしない。なぜなら1、2、3、4、5、6、7、8・・・と数え続けてしまうから。
カウントアップとカウントダウンを使い分ける。

カウントアップによる20秒ルール

逆に辞めたいことはカウントアップする。
お菓子を食べたいとき、一つ食べるには20数えてから食べるというルールを作る。20秒ルール。
数えるのが面倒になりお菓子を食べなくなる。

さらに20のあとは21、22、23と数え続けることで、数えることに意識を集中し食欲を忘れる。他の対象に意識を集中する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました